紹介予定派遣のメリットは、派遣期間中実際働いてみて、自分の仕事の適正を判断できてミスマッチを防げることです。
紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣のメリット
紹介予定派遣というのは、派遣期間、通常は最長6ヶ月で終了後となります。その後に、本人と派遣先企業双方合意のもとに、正社員として働くというものです。この場合、一定期間は派遣で働くということになりますが、これは一般的な派遣で働くよりもメリットがあります。それは、実際の仕事内容や職場のムードを見極めることができるため、いきなりその職場で正社員として働くよりも会社とのミスマッチを防げます。また、紹介予定派遣経由で正社員を目指す方が、未経験でも希望の仕事に就ける機会があります。正社員で転職するとなると、経験も求められることがほとんどで、中々未経験で雇ってもらえるというのは、難しいこともあります。

その点、紹介予定派遣で働いてみて、その会社の職場との相性を正社員として採用される前に確かめることができるメリットがありますので、転職によくありがちな入社後のミスマッチを事前に防ぐことができます。入社後のミスマッチは、本人もそうですが、会社側としても困ってしまうので双方にとって紹介予定派遣はメリットがあります。

以上のように、紹介予定派遣のメリットは、派遣期間中実際働いてみて、自分の仕事の適正を判断できますので、正社員で入社した後にこんなはずではなかったというミスマッチを防ぐことができます。

Copyright (C)2015紹介予定派遣のメリット.All rights reserved.